管理人ページ
プロフィール

プロフィール
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
管理者情報
リンク
オススメ品
オススメ品
オススメ品
オススメ品
オススメ品
働きマン 3 (3)
働きマン 3 (3) (JUGEMレビュー »)
安野 モヨコ
ホントに良くできてる内容。
社会人のHowTo本としても読めます。
新入社員にも勧めたい感じ。
オススメ品
働きマン (2)
働きマン (2) (JUGEMレビュー »)
安野 モヨコ
ホントに良くできてる内容。
社会人のHowTo本としても読めます。
新入社員にも勧めたい感じ。
オススメ品
働きマン (1)
働きマン (1) (JUGEMレビュー »)
安野 モヨコ
ホントに良くできてる内容。
社会人のHowTo本としても読めます。
新入社員にも勧めたい感じ。
オススメ品
食の精神病理
食の精神病理 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
純愛時代
純愛時代 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
豊かさの精神病理
豊かさの精神病理 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
やさしさの精神病理 (岩波新書)
やさしさの精神病理 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
顔をなくした女―〈わたし〉探しの精神病理
顔をなくした女―〈わたし〉探しの精神病理 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界
診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
最近のエントリー
最近のトラックバック

ブロ電™切符


う〜ん、マンダム。てきとー更新。 .. _| ̄|○

4492@ブログ

携帯もOKだけど、一応PC用レイアウト。
職場を変えて1年が経ち
 去年の12月15日から新しい職場で働き始めて、バタバタとしながら1年が経った。

数日前からそろそろ一年経つなぁと意識していたが、当日は会議と打ち合わせに追われ夜中にデスクでやっと仕事ができて終電で帰り、家に返ってそのまますぐ寝て…で忘れていた。

振り返ると自分の環境は目まぐるしく変わり、最初の頃に知り合った人達は名前を忘れてしまった人たちもいる。
(とても印象が良い人たちでも僕の記憶力がついていけてない…。)

今もバタバタと忙しく深夜や休日も仕事に追われている。

で、そんな中でこのブログもほっとかれたわけだが、自分の身辺の更新はTwitterにとって変わられそのあとはFacebookと移り変わり、でも今は「いいね」を押すだけで自分の意見なんかはアップしてない。

そもそもネットで自分の意見をいうことに興味なんかなくて、職業柄やらんことにはお客に勧められないからやっているだけだから自然な流れか…。

でも、そのFacebookも仕事の関係者が増えてしまったので、書きたいことも書けない場所なので、逆にこのブログという場所が僕の中で見直されている。

気軽に書こう。スマフォとかで、思いついた時に。

で、備忘録のように振り返られればそれでよいのかと。
| - | 21:55 | - | trackbacks(0) |
失ったIL BISONTE(イル・ビゾンテ)を惜しむ
 失ったIL BISONTE(イル・ビゾンテ)の40周年記念ショルダーを惜しむように、普段使うアイテムにIL BISONTEを取り入れることにした。

IL BISONTE ペンケース

ペンケース(小物入れ)。

三角形という珍しいカタチと柔らかい革、色が気に入っている。

IL BISONTE 名刺入れ

名刺入れ。

UOMOの商品で、TOMORROWLANDで見つけて一目ぼれ。

革の質感と光沢感が良い。

IL BISONTE ストラップ

ストラップ。こちらもTOMORROWLANDで発見。

普段はするほうではないのだが、この際付けてみる。

色は、オリーブやホワイトのほうがかっこよかったのだがスマフォがIS03のオレンジなので、揃えることに。

いい感じだが、スマフォと金具がぶつかるし、微妙に重め。

ポケットから出してアクセ感覚。

スーツには合わないw

また、面白いものを見つけたら揃えてみます。
| Goods | 18:30 | - | trackbacks(0) |
TUMIの2WAY(68116D)を買う
 tumi 68116d

例のIL BISONTE(イル・ビゾンテ)のショルダーは1ヶ月たっても何の音沙汰もない。

単純な限定品ではなく、40周年記念の特別なもので、日本には出回っていないのでほんとに惜しい。

そしてこの型自体は日本にも流通しているのだが銀座店できいたところ、人気の型だけど廃盤が決定したらしく、別色も在庫のみの販売らしい。

あぁ、犯人をとっつかまえて、俺が裁きたい。

といっても、仕事はしなければならないので、新たなカバンを買うことにした。

先日行ったハワイのアラモアナやDuty Freeでいろいろ探したのだが、散々迷った挙句、最後の最後であまりブランドの立ち位置的なものが好きではなく商品はもっと好きではなかったTUMIに行ってみた所、オールレザーの商品があることを知る。

で、値段を見たところ、円高とDuty Free価格に社割りも手伝ってかなりお値打ちに。

機能は勿論、革のさわり心地もよかったので即決。

どんな感じで育っていくのはわかりませんが、丁寧に使っていきたいと思います。
| Goods | 18:06 | - | trackbacks(0) |
IL BISONTE(イル・ビゾンテ)を返してほしい&犯人を捕まえたい(できれば拡散希望)
先日の27日の深夜(〜28日の早朝)に会社帰りの電車の中で置き引きにあった。

 IL BISONTE(イルビゾンテ)

電車は横須賀線・久里浜行きの最終で11時25分に新橋を出発し、12時30分ごろ逗子に到着する間に事は起こった。

網棚に上記のカバンを置きその上にジャケットを置いていたのだが、不注意とはいえ睡眠不足にまけてその状態で眠ってしまった。(横浜の手前ぐらいから記憶が定かではない)

逗子着のアナウンスで起きたときには眠気眼でジャケットを着るもカバンが見当たらず、即効で駅員にその車両を確認してもらうが見つからず、そのまま警察に被害届を出すも今日まで何も進展がない(捜査の裏側はわからないのでそのように思う)。

その後、毎日会社帰りに駅の窓口と警察に寄るのだが(逗子と横浜)見つかったという連絡はない。

横須賀線は先頭4両が切り離されるので(4両目から5両目へは降りない限り移動できない)、一番前(自分が乗っていた)から4両目までの乗客の出入りを監視カメラで追ってもらい、その人間がSUICAを通した時点のログを追ってもらえばかなりいい線で個人が特定できると思っているのだが・・。
(監視カメラの精度やSUICAではなく切符だったとしてもそこまでわかれば他にも色々と手立てはあるのではないかと。)

このIL BISONTE(イル・ビゾンテ)のショルダーはフィレンツェの本店で買ってきたのだが、日本では珍しく(確か限定)そこそこ大きさもあるので結構目立つ。

また、自分の隣に怪しいアジア系(中国?)のカップルがいたことも補足したが、限定する証拠は何もない。(普段は寝ていても日本人だけならそんなことはなかったということぐらいか)

勿論、この話は警察には何度もしているが、管轄や指示系統・マンパワー、事件のプライオリティなどで反応は微妙な状態だ。

自分が怪しいと思っている横浜〜戸塚間の駅のログ記録は1週間らしく、特別な事がなければ今日・明日で消されてしまうだろう。

ヨーロッパに行ったときもあこがれの地で興奮するものの、その一方でキレイで犯罪の少ない日本を見直したばかりなのでとても残念。

もし何か些細な情報でもあれば、Twitterのダイレクトメッセージ(http://twitter.com/4492)で伝えてくれると嬉しい。

事件が解決or諦めるまでこの投稿は掲載しておくので、拡散してくれるともっとありがたい。
| Goods | 15:32 | - | trackbacks(0) |
今週読んだ本
今週は震災の影響で予定していたキャンペーンが中止になったり自宅待機になったりで、図らずも空き時間ができた。

そこで前から目を付けていた本をここぞとばかりに読みふけ、本を読むのがとても遅い自分でも(なんか1行読むとそのことについて考えてしまって、なかなか先にすすまない・・。)、そこそこ読んだのでご紹介します。

idea-no-kyokasyo.jpg

『〈アイデア〉の教科書 電通式ぐるぐる思考』
山田壮夫 (著)
電通社内で長年継承されてきた(ホントか?)「アイデアのつくり方」の秘伝・アイデアづくりの方法論「ぐるぐる思考」の解説書。
「感じる」「散らかす」「発見!」「磨く」の4つのモードをぐるぐる回し続ければ、必ず素敵なアイデアにたどりつくとのこと。まぁ、実践あるのみでしょうか・・。

facebook-business.jpg
『Facebookをビジネスに使う本』
熊坂 仁美 (著)
15社の事例をもとにFacebookの活用法を紹介している。
とても読みやすいのでFacebookの入門や事例のビジネス活用例として参考とするのにはよいかも。

ad-girl.jpg
『アドガール 大手広告代理店新人日記』
伊藤 春香 (著)
大学生時代のブログが1日47万PVを記録したり、卒業旅行でスポンサーを募り、タダで世界一周旅行をした「はあちゅう」さんの新書。電通入社2年目のコピーライターの側面が見える。文章力はおいておいて、簡単でも挿絵を描けるのは強い。

SMM-misaki.jpg
『ソーシャルメディアマーケター美咲 新人担当者 美咲の仕事帳』
池田 紀行 (著)
今流行の萌え系?のイラストをつかった『もしドラ』の2番煎じ的な作品と思っていたら、かなり自分の仕事と直面している内容でしっかりマーケの内容にも触れているのでとても面白かった。インタラクティブエージェンシーの人はとても役に立つと思われる。

まだまだ読みたい本は山ほどあるので時間の許す限り、ガンガン読んでいきたいです。
| Book | 23:00 | - | trackbacks(0) |
『ソーシャル・ネットワーク』を見てきた
JUGEMテーマ:コンピュータ
なんとか時間を作って 『ソーシャル・ネットワーク』を見てきた。

socialnetwork movie

結論から言ってしまうと、とてもオモロかった。

普通の映画と見方が違う面白さといった感じなのだが、
(自分はハッカーものの映画への評価はとても甘い)
映画の台詞を全て英語で覚えたいと思ったほど。

自分のなかでなぜFacebookが英語圏で爆発的に流行ったのか
整理できたし、とても今を感じられた。

と、いうか今見なければあまり意味がないというか
数年後に見ても面白さはかなり変わってきてしまうと思う。

きっとDVDがでたら、借りた上にスマフォにエンコードデータ入れて持ち歩くな。
英語教材として。

とにかく、主役のマーク・ザッカーバーグやNapsterの設立者である
ショーン・パーカーが早口でこぎみよく感じた。

自分も会社で早口を指摘・注意されることがあるが、
直さなくっていいかなと思ってしまった。
(プレゼンや打ち合わせでしゃべるときはそうもいかないが。)

ハーバードの学長のキャラも俺的には、ヒット。

業界の人には、とにかくお勧め。

http://www.socialnetwork-movie.jp/site/
| Movie | 21:19 | - | trackbacks(0) |
横浜の文房具屋を徘徊してみる
 今日は先週買ったFaber-Castellを横浜の高島屋に引き取りに行ったので、その伊東屋をはじめルミネのSmithVILLAGE VANGUARDに寄ってみた。

やはり文房具を見てまわるのはテンションが上がる。

目的はいろんなアイテムを見てまわるだけでなく、今年の手帳がオレンジなのは良いが発色があまり好みではないのと鞄に入れるとパカパカ空いてしまうので、手帳バンドを買うことと、会社でノートを持っていくのを忘れてしまい、下のコンビニでマルマンの大学ノートを買ってしまいクライアント先に行くには微妙なのでカバーがほしかったためだ。

dennote2011.jpg

なかなかいい感じにまとまった。

バンドはDELFONICSので本来は横にして使うものだが、幅が余りすぎたので縦にしてみる。

いい感じでラインが収まっている。

ノートカバーは、こちらも本来はLIFEのノーブルノートカバーA5専用のものを使っている。
(しかし、ここのノートはとてもセンスが良いのにサイトはひどいね・・。)

合皮なのにとても肌触りがよい。しかし、元のノートの原型はとどめていない。

隣は今日引き取ってきたファーバーカステルのアンビション。

以前の会社を退社時にいただいたWATERMANのmetropolitanも気に入って使っているので、こちらと揃えても良かったのだが、書き心地でファーバーカステルに。

気に入った文具を使うと気持ちよく仕事ができるので、週明けからも頑張っていこうと思います。
| Goods | 21:36 | - | trackbacks(0) |
ファーバーカステル・ペンシルを買ってみた

シャーペンは中学からちょっと奮発して、1ヶ月分の小遣いをほとんど使ったものを購入し、それを壊れたら買い換えながら(4代目か5代目か?忘れましたが・・)使い続けてきた。

勿論、途中にいろんなものを試したりもしたが、結局これに戻ってしまった。

その最後のシャーペンが壊れたので、「買い換えなきゃなぁ」と思いながらも決まった場所にしか売っていないのと、職業柄ものを書くというよりもキーボードで打ち込むほうが圧倒的に多くなってしなったので、買い換えずにいた。

数日前にファーバーカステルの0.7mmがとても書きやすいということを耳にして、それも「いいかもなぁ。」と思っていた。

しかし今日、横浜の高島屋に行った際に、ちょっと思い出して文具品のところによったところかなりの数がおいてあった。

店員さんの勧めてきたものは、高価なものは5万円近いものから(クラシック コレクションというもの)1万円を超えるものまであり、最安のものでも7千5百円した。

しかし、ためし書きしてみるとやはりかなり使いやすい。

また、芯を出すのもノック式でははなく、回転させるところもニクい。

でも、衝動買いで1万円近い買い物はどうかと思い、そのほかLOFTなどまわってみたがなかなかいいものが見つからず、それが頭からはなれない。

で、結局高島屋に戻って、最安とはいえ一番手になじんで(太さでしょうか?)好きな色の黒である「ファーバーカステル ペンシル デザインシリーズ アンビション  138130 レジン」を購入。

FABER-CASTELL01.jpg

名入れサービスがあり、来週末まで待つことになりましたが、一生もののアイテムの仲間入りすると思われるのでじっくり待つことにします。

FABER-CASTELL

| Goods | 23:23 | - | trackbacks(0) |
大船のつけめん KOKOROでつけ麺を食べてきた。
kokoro01.jpg

大船のつけめん KOKOROでつけ麺を食べてきた。

今日は横浜に買い物に行ったのだが、帰りがけによろうと楽しみにしていました。

夜の開店が18時と知らず30分前にいってしまい、周辺で時間をつぶした後、再来店。

kokoro02.jpg

とりあえず、全部のせの「特製KOKOROつけめん」とチャーシュー丼をいただく。

麺はかなりしっかりした味で、チャーシューも厚いのにとてもやわらかかったです。
(2枚目はちょっと油が多い部分があたってしまい半分残してしまいましたが・・。)

鎌倉の長谷にあるらーめんHANABIと姉妹店みたいなので、そこと食べ比べてみるのもいいかもしれません。

らーめんHANABI&つけめんKOKORO
| Foods | 22:12 | - | trackbacks(0) |
実家近くのちゃんこ料理屋 佐山に行ってみる
 chanko-sayama.jpg

何年越しになるだろうか?

ずっと行きたかった実家近くのちゃんこ料理屋である佐山に新年会と称して行ってみた。
 
店内はなかなかの賑わいで車を駐車するのも大変だった。
(店の人にOKといわれたが、法的にはあれを路駐という。)

chanko-sayama2.jpg

シンプルだけど深みのある味にとても満足。

家でちゃんこはなかなかやらないので、(雰囲気も大事な気がするし)
貴重な体験となりました。

来年の新年会も機会があれば寄ってみたいです。

ちゃんこ料理さやま 佐山
| - | 00:34 | - | trackbacks(0) |