管理人ページ
プロフィール

プロフィール
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
管理者情報
リンク
オススメ品
オススメ品
オススメ品
オススメ品
オススメ品
働きマン 3 (3)
働きマン 3 (3) (JUGEMレビュー »)
安野 モヨコ
ホントに良くできてる内容。
社会人のHowTo本としても読めます。
新入社員にも勧めたい感じ。
オススメ品
働きマン (2)
働きマン (2) (JUGEMレビュー »)
安野 モヨコ
ホントに良くできてる内容。
社会人のHowTo本としても読めます。
新入社員にも勧めたい感じ。
オススメ品
働きマン (1)
働きマン (1) (JUGEMレビュー »)
安野 モヨコ
ホントに良くできてる内容。
社会人のHowTo本としても読めます。
新入社員にも勧めたい感じ。
オススメ品
食の精神病理
食の精神病理 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
純愛時代
純愛時代 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
豊かさの精神病理
豊かさの精神病理 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
やさしさの精神病理 (岩波新書)
やさしさの精神病理 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
顔をなくした女―〈わたし〉探しの精神病理
顔をなくした女―〈わたし〉探しの精神病理 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
オススメ品
診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界
診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界 (JUGEMレビュー »)
大平 健
フィクションよりもドラマチック&サスペンスの大平健作品
最近のエントリー
最近のトラックバック

ブロ電™切符


う〜ん、マンダム。てきとー更新。 .. _| ̄|○

4492@ブログ

携帯もOKだけど、一応PC用レイアウト。
<< ウイルスセキュリティZERO、“パソコンが起動しなくなる”不具合発生 | main | ジョジョの奇妙な冒険 >>
銀座線で思うこと
東京メトロ 銀座線

毎日の通勤で銀座線を利用しているのだが、
駅名を見る度に思っていることがある。

その1:駅名が偉ぶってる

1927年に日本で最初に営業を開始した地下鉄というのが関係しているのかはわからないが、ちょっと物々しい名前の駅が多くないですか?
(当時は、「東洋唯一の地下鉄道」というキャッチコピーのポスターがあったらしい。)

例えば、「溜池山王」とか、「虎ノ門」とか「赤坂見附」とか。
「上野広小路」にいたっては、なんかもう武将っぽい

今までの人生の中でも、こんな苗字のクラスメートはいなかったし、転校生で、「あ〜、今日からキミたちと一緒に勉強することになる、「溜池山王弘明(ひろあき)クンです。みんな仲良くするように。」と担任から紹介されたとしても、「えっ、公家の出?」と萎縮してしまいきっとすぐには仲良くなれそうにない。

そんでもって、名前負けしているやつだったりしたら、きっと100パーいじめの対象になる気がする。

その2:「青山一丁目」というネーミングは反則だと思う

率直にこの名前ってありなんでしょうか?
(何が?って思ってるやつはちょっと鈍いぞ。フォロー、ミー。)

一丁目ですよ。一丁目。
仮にもネーミングにこだわりを持つ(?)銀座線でですよ。
このネーミングルールを許してしまったら、その他の駅も「ナントカ○丁目」になってしまうじゃないですか。

きっとこの駅を作るにあたり、駅長的な人が「外苑前と赤坂見附の間の駅だけど、名前何にする?」といったら、「う〜ん、なにがいいすかねー。」と駅員。

ひらめいたように「東宮御所前とか、 明治神宮野球場前とか、どーっすか?」もう一人の駅員。

(駅長)「でもなー、権利関係とか確認するのめんどくさくね。勢いでつけちゃって、あとあと問題になるのやだよ、俺。」
(駅員A)「そんなこと言ってたら、いつまでたっても決まんないっすよ‥。」
(駅長)「なになに、キミが責任とれるっつーの?俺でしょ?責任かぶんの!(ブツブツ・・)」
(駅員B)「もう、やめましょうよ。2人とも。そうだ、いっそのこと青山にあるんで、「青山駅」っていうのはどうでしょう?」
(駅長)「それなら、外苑前だってそうだろうが。」
(駅員B)「(怒)じゃあ、後ろに一丁目とかつけたらいいんじゃないっすか・・」
(駅長)「・・、まぁ、今日は煮詰まってきたから宿題ってことにしよ。締め切りは明日の昼だし。俺も考えてくるよ。」

<次の日>

(駅員B)「○○さん、昨日の件、考えてきました?」
(駅長)「えっ、何が?・・あぁ、あれね。昨日、お前が言ってたあれで、いんじゃないの。「青山一丁目」だっけ?」
(駅員A&駅員B)「え‥、まぢすか?」

と、こんなエピソードがあったに違いないと、当時に想いを馳せながら、私は毎日電車にゆられているわけです。


え〜っと、長々と書いてきましたが、特に俺は病んでない。たぶん。
| - | 15:14 | - | trackbacks(0) |
http://blog.4492.info/trackback/1030056